Performance program

WorkShop

子ども夢基金.jpg
ルロット・オーケストラは、子供達やお客様と身近にふれあうことのできるワークショップにも
大変力を注いでいます。

・「音」は特別なものではなく身の回りにあるものであることを知ってもらう事。
・ばらばらの木の板や、グラス、バケツ、塩ビパイプ等様々なものから予想もしないような音が出てくる事を
 自分達の手で体験し、音への関心を持ってもらう事。
・ただ「音」を出すことから、「音」を重ねあうことを体験してもらい、人と人とが協力し合って初めて
 「音楽」ができることを知ってもらう事。

「音」はコミュニケーションの道具であり、「音楽」を通じて、人と人が協力する大切さ、難しさや、
喜びをこれらのワークショップから体験して頂けたらと願っています。

~ワークショップで登場する楽器たち~

これらの楽器たちは、ルロット・オーケストラの公演中で実際に使用されています。
※ルロットオーケストラ公演の画像を合わせてご覧ください。

フライパンいろいろ

IMG_0521_S.jpg

たくさんのフライパンの中からドレミの音になるフライパンを集めました。現在、最大23個、
2オクターブの間での演奏ができます。


水道管 

908593B98AC7.jpg

直径16mm、長さ最大約200mmの塩ビ管をスリッパでたたく事によって「ポン」という
破裂音がします。現在1オクターブの長音階(ホ~一点ホ)での演奏ができます。


レール

82B382CA82AB8Eq8B9F82CC8D911.jpg

四国・香川県の「高松琴平電鉄」様より実際に使われていたレールをいただき、良い音が
する部分を切り出しました。見かけとはうらはらに、大変透き通ったよく響く音がします。


植木タイコ

90A96D8835E83C83R.JPG

植木ばちに、ピクニックなどでつかうブルーシートをかぶせ、ひもできつく縛りタイコを作りました。
一見地味なのですが、なぜかフライパンに次に人気があります。


手作りアイリッシュハープ

ハープ.JPG

通常「ハープ」と称される「グランドハープ」より小柄で、(高さ120cmくらい)ペダルも付いていない
シンプルなハープですが、なんと!手作りです。
木の粉まみれになり、3ヶ月かかって作りました。作り応えがありました(笑)


各種音域トイピアノ 

83g83C83s83A83m.jpg

よく見かける、おもちゃのピアノです。大中小3台を駆使してオーケストラ共演します。


手作り木琴 

S__12861463.jpg

最近は工具を使う機会が大変少なくなっていると感じています。
この木琴は、自分たちで音律を作り、ヤスリで磨き、大変な労力を要する工作ですが、
必ず思い出に残るものになるはずです。


パイプチャイム

83p83C83v8360838383C8380.JPG

南国の楽器「エナジーチャイム」を基にアレンジしました。
5本のアルミパイプをゴムで浮かせる様に取り付けて、バチでたたくと、
とても澄んだきれいな音がします。
この音はリラクゼーション効果があると信じられています。
参加してくれた子ども達にプレゼントしています。


ヘアピンオルゴール

83w83A83s839383I838B83S815B838B.JPG

ヘアピンを使った手のひらサイズの小さなオルゴールです。弾くと、ソラシドレの5つの
音が出ます。子どもたちとルロットオーケストラメンバーが一緒に、
手作りで一つ一つ仕上げてゆきます。
三んかしてくれた子どもたち全員にプレゼントしています。(定員があります)


上記の「ヘアピンオルゴール」「パイプチャイム」「手作り木琴」の
作成キットをご希望の方は、販売も致しております。
詳しくは、こちらをご覧ください。

手作り楽器キット販売.png

教育関係者様/親子イベントご担当者様

私たちの音楽鑑賞プログラムワークショップは、鑑賞+体験型の楽しいステージを演出するだけではなく、目には見えない、
「空気や身体、そして音楽の動きを感じる」という全員が同じ「意思」を持って
作り上げる音楽には、とても大きな「感動」があります。
その感動を皆さんと一緒に共有したいと
思っています。